わかる「クリハラント」

電力インフラを通じて、人々の暮らしと産業の発展に貢献する。
決して変わることのない、クリハラントの「使命」です

スイッチをつけると灯りがともる――。クリハラントは電気を当たり前に使えるように、
最先端のプラントエンジニアリング技術を駆使。
人々の暮らしと産業の発展を使命に、日々取り組んでいます。

社会と産業の発展に貢献

電力インフラは我々が支えているそんな「やりがい」を実感できる仕事

クリハラントの仕事は、自分が誰かの役に立っているという「やりがい」と「喜び」を感じられます。人々の暮らしや産業の生命線である電力インフラを支えているという責任感とプライドを持ちながら、生涯を通じて安定した環境の中で働き続けられます。

系列に属さない「独立系企業」

常にチャレンジスピリットを持ち自由な発想で成長を続ける会社

メーカー等の系列に捉われない「独立系企業」として、自由な発想で常に新たなチャレンジと成長を続けている会社です。また、関連会社、協力会社を含め「クリハラントグループ」として、連携を深めながら、さらなる飛躍を目指す事業展開を進めています。

環境対策への取り組み

再生可能エネルギー事業や次世代エネルギー研究開発へ参画

太陽光発電、小水力発電、バイオマス発電など、再生可能エネルギー事業者として、地球環境保護に大きく貢献しています。また、行政機関や大学が推進する最先端の次世代エネルギー研究開発プロジェクトにも積極的に参画しています。

海外事業への展望

新興国の電力インフラ整備など活躍できるフィールドを拡大

世界の20を越える国々で、電気工事や設計業務、技術者派遣の実績があり、各国の電力インフラ整備に大きく貢献しています。平成25年には、ミャンマーに現地法人を設立。アジア地域の拠点として近隣諸国への事業展開も視野に入れています。

中長期経営ビジョン「PJF10-700」

社会に必要な会社であるために常に新たなチャレンジを継続

10年後の売上700億円を目指し、今やるべき事と、その道筋を考える「PJF10-700(プロジェクトエフテン700)」を推進。「意志あるところに道あり。先ず自ら動くべし」を合言葉に、社員一人一人が向上心を持って仕事に取り組んでいます。

若狭訓練センター

「技術は人であり、人を育てるのは教育」
誰からも信頼される一流の技術者を育てる環境があります

福井県おおい町の「若狭訓練センター」では、年間延べ4000名を超えるクリハラントグループの技術者が、「技に心を」をスローガンに教育・訓練を実践しています。技術力の向上や継承を目指し、経営目標である「競争力のある強靱な技術集団の構築」を視野に入れ、顧客ニーズに応える安全や品質技術の強化・徹底に取り組んでいます。
クリハラントは、「人間的な温もりのある教育を後輩に伝えよう」という創業者の志を、今も大切に守り続け、誰からも信頼される一流の技術者育成を目指しています。